大阪クラシック“非公式”情報サイト

9月10日(金曜)(第63公演〜第74公演)

第63公演

日時9月10日(金曜)(開場10:30)11:00〜
場所なんばCITY地下1階ガレリアコート(旧ロケット広場) map map-29
演奏者ヴァイオリン:中西朋子 ヴィオラ:若松芳 チェロ:石田聖子
演奏曲ベートーヴェン/セレナード ニ長調 Op.8

ベートーヴェン/セレナード ニ長調

<ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン>
ドイツの作曲家。クラシック音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第64公演

日時9月10日(金曜)(開場10:45)11:15〜
場所本願寺津村別院(北御堂) map map-22
演奏者フルート:井上登紀 ヴァイオリン:松川朋子 ピアノ:松田みゆき
演奏曲フランセ/王宮の音楽

フランセ/王宮の音楽

<ジャン・フランセ>
フランスの新古典主義音楽の作曲家。ピアニストや編曲家としても活躍し、多作家で、生気あふれる作風で知られる。フランセの作曲様式は、生涯を通じてほとんど変わらず、軽快さと機智にあり(自ら述べたところによると、目指したところは「喜びを与えること」だった)、旋律線同士のやりとりも目立っている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第65公演

日時9月10日(金曜)(開場11:40)12:10〜
場所中之島三井ビルディング1F map map-07
演奏者オーボエ:浅川和宏 ヴァイオリン:力武千幸、横山恵理 ヴィオラ:吉田陽子 コントラバス:松村洋介 ファゴット:熊谷将弘
演奏曲ヘンデル/コンチェルトグロッソ ト短調 Op.6-6

ヘンデル/コンチェルトグロッソ

<ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル>
ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家のひとり。
バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮した。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第66公演

日時9月10日(金曜)(開場12:00)12:30〜
場所大阪三井物産ビル1F map map-05
演奏者ヴァイオリン:辻井淳、高木美恵子 ヴィオラ:上野博孝
演奏曲イザイ/弦楽三重奏曲

イザイ/弦楽三重奏曲

<ウジェーヌ=オーギュスト・イザイ>
ベルギーのヴァイオリン奏者、作曲家、指揮者。ヴァイオリニストとしては、アンリ・ヴュータン、ヘンリク・ヴィェニャフスキの指導を受けて才能を伸ばし、その高い技術で多くの聴衆を惹き付け、ヴァイオリン音楽に大きな影響を与えた。
作曲家としてはヴァイオリンのための曲を残しており、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを強く意識した無伴奏ヴァイオリン・ソナタがよく演奏される。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第67公演

日時9月10日(金曜)(開場12:30)13:00〜
場所中之島ダイビル1F map map-08
演奏者トランペット:篠﨑孝、末岡希和子 ホルン:小坂智美 トロンボーン:久岡裕美 チューバ:川浪浩一 パーカッション:中村拓美
演奏曲P.ネイグル/ジャイブ・フォー・ファイブ
黒人霊歌/聖者の行進

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第68公演

日時9月10日(金曜)(開場13:30)14:00〜
場所本願寺津村別院(北御堂) map map-22
演奏者ヴァイオリン:松川朋子 チェロ:石田聖子 ピアノ:松田みゆき
演奏曲ドビュッシー/ピアノ三重奏曲 ト長調

ドビュッシー/ピアノ三重奏曲 ト長調

<クロード・ドビュッシー>
フランスの作曲家である。長音階・短音階以外の旋法の使用、機能和声にとらわれない自由な和声法などを行った。
ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもある。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第69公演

日時9月10日(金曜)(開場14:30)15:00〜
場所クリスタ長堀 滝の広場 map map-27
演奏者ヴァイオリン:鈴木玲子、浅井ゆきこ ヴィオラ:吉田陽子 チェロ:松隈千代恵
演奏曲ラヴェル/弦楽四重奏曲 ヘ長調

ラヴェル/弦楽四重奏曲 ヘ長調

モーリス・ラヴェルの「弦楽四重奏曲 ヘ長調」は、1902年12月から1903年4月にかけて作曲された室内楽曲。1904年3月5日にエマン四重奏団によって初演された。のちに多少手を入れた上で、1910年に出版した。
4つの楽章から成り、全曲を通して演奏に約30分を要する。また、フランク楽派の伝統を受け入れて循環形式をひかえめに援用し、作品の自然な統一感をもたらすことにも成功している。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第70公演

日時9月10日(金曜)(開場15:30)16:00〜
場所大阪市中央公会堂中集会室 map map-13
演奏者クラリネット:ブルックス・トーン ホルン:藤原雄一 ファゴット:久住雅人 ヴァイオリン:崔文洙、三瀬麻起子 ヴィオラ:上野博孝 チェロ:庄司拓 コントラバス:林俊武
演奏曲シューベルト/八重奏曲 ヘ長調 D.803
備考<有料>
全席自由 500円
電子チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:111-893)
ローソンチケット0570-000-407(Lコード:53186)
※8月31日(火)以降は大阪フィル 050-5810-0923までお問い合わせください。

シューベルト/八重奏曲 ヘ長調

「八重奏曲 ヘ長調」は、フランツ・シューベルトが1824年3月に作曲した作品。当時の著名なクラリネット奏者フェルディナント・トロイヤーの委嘱に応じて着手された。同時期の弦楽四重奏曲「ロザムンデ」や「死と乙女」からも分かるように、シューベルトの円熟期を代表する傑作の一つである。反面、これらが短調を採り、哀調や悲愴感を称えているのに対して、長調の八重奏曲はシューベルトの明るく暖かくて柔和な一面を表わしている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第71公演

日時9月10日(金曜)(開場16:30)17:00〜
場所三井住友銀行大阪本店ビル1F  map map-15
演奏者ヴァイオリン:今城朋子、横山恵理 ヴィオラ:吉田陽子
演奏曲ドヴォルザーク/ミニアチュア 作品75A
ほか

ドヴォルザーク/ミニアチュア

<アントニン・ドヴォルザーク>
チェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家というにとどまらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。
ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。ベドルジハ・スメタナとともにボヘミア楽派と呼ばれる。その後、アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第72公演

日時9月10日(金曜)(開場17:30)18:00〜
場所中之島ダイビル1F map map-08
演奏者ヴァイオリン:中西朋子、三瀬麻起子 オーボエ:大森悠 ヴィオラ:上野博孝 チェロ:林口眞也
演奏曲プレイエル/五重奏曲

プレイエル/五重奏曲

<イグナツ・プレイエル>
オーストリア出身の古典派音楽の作曲家である。恩師ハイドンと同じく多作家であり、41の交響曲、70の弦楽四重奏曲、いくつかの弦楽五重奏曲とオペラを作曲した。1807年には、ピアノ製作会社プレイエルを設立。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第73公演

日時9月10日(金曜)(開場18:00)18:30〜
場所京阪神不動産 御堂筋ビル1F map map-21
演奏者ヴァイオリン:小林亜希子
演奏曲J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番 イ短調 BWV1003

バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番

バッハが35歳、ケーテン宮廷楽長として、音楽好きの君主レオポルト侯に仕え、多くの世俗曲(協奏曲、室内楽曲)を書いていた頃の楽曲である。第2楽章の「フーガ」は287小節にも及ぶ長大なものである。また第3楽章の「アンダンテ」では、1本のヴァイオリンで、旋律と通奏低音の二声を弾くというものであり、ボウイングの高度な制御が要求される。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第74公演

日時9月10日(金曜)(開場19:00)19:30〜
場所大阪市中央公会堂中集会室 map map-13
演奏者クラリネット:田本摂理 ファゴット:宇賀神広宣 ホルン:藤原雄一 ヴァイオリン:横山恵理 ヴィオラ:吉田陽子 チェロ:石田聖子 コントラバス:松村洋介 ピアノ:浅川晶子
演奏曲フェルナンド・リース/八重奏曲
備考<有料>
全席自由 500円
電子チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:111-893)
ローソンチケット0570-000-407(Lコード:53186)
※8月31日(火)以降は大阪フィル050-5810-0923までお問い合わせください。

フェルナンド・リース/八重奏曲

<フェルディナント・リース>
ドイツのボン出身の作曲家。ベートーヴェンの弟子であり、師の回想録を出版した。主な作品には8つの交響曲、ヴァイオリン協奏曲、9つのピアノ協奏曲、室内楽曲などがある。一部は録音されており、古典派と初期ロマン派の間の様式を示している。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

osakaclassic.com All Rights Reserved.