大阪クラシック“非公式”情報サイト

9月8日(水曜)(第39公演〜第50公演)

第39公演

日時9月8日(水曜)(開場10:30)11:00〜
場所リーガロイヤルホテル1Fメインラウンジ map map-11
演奏者ヴァイオリン:横山恵理 チェロ:石田聖子 ピアノ:浅川晶子
演奏曲クララ・シューマン/ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.17

クララ・シューマン/ピアノ三重奏曲 ト短調

<クララ・シューマン>
ドイツのピアニスト、作曲家。19世紀に活躍した女流ピアニストであり、また作曲家ロベルト・シューマンの妻としても広く知られている。
クララの作曲は当時のモーツァルトやベートーヴェンが同年代の頃に書いたものと比較しても遜色がなく、作曲をやめていなかったら彼女は最高の作曲家として名を連ねていたかもしれないという人もいる。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第40公演

日時9月8日(水曜)(開場10:45)11:15〜
場所本願寺津村別院(北御堂) map map-22
演奏者ヴァイオリン:小林亜希子 ヴィオラ:川元靖子 チェロ:庄司拓 ピアノ:藤井快哉
演奏曲シューマン/ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op.47

シューマン/ピアノ四重奏曲 変ホ長調

<ロベルト・シューマン>
ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。
鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているとみなされる。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第41公演

日時9月8日(水曜)(開場11:30)12:00〜
場所大阪弁護士会館1Fエントランス map map-14
演奏者ヴァイオリン:長原幸太、佐久間聡一 ヴィオラ:小野眞優美 チェロ:織田啓嗣
演奏曲当日のお楽しみ〜♪

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第42公演

日時9月8日(水曜)(開場12:30)13:00〜
場所クリスタ長堀 滝の広場 map map-27
演奏者フルート:野津臣貴博 ヴァイオリン:梅沢和人 ヴィオラ:上野博孝 チェロ:林口眞也
演奏曲モーツァルト/フルート四重奏曲 第2番 ト長調 K.285a
モーツァルト/フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285

モーツァルト/フルート四重奏曲

フルート四重奏曲は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した室内楽曲で、全部で4曲残されているフルート四重奏曲のうち3曲はマンハイムで書かれている。第1番が有名である。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第43公演

日時9月8日(水曜)(開場13:15)13:45〜
場所ザ・フェニックスホール map map-04
演奏者オーボエ:浅川和宏 ホルン:池田重一 ピアノ:浅川晶子
演奏曲モーツァルト/ホルン協奏曲 第1番 二長調 K.412
リーツ/演奏会用小品 Op.33
備考<有料>
全席指定 500円
電子チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:111-893)
ローソンチケット0570-000-407(Lコード:53186)
ザ・フェニックスホールチケットセンター06-6363-7999
※8月31日(火)以降は大阪フィル050-5810-0923までお問い合わせください。

モーツァルト/ホルン協奏曲 第1番 二長調

緩徐楽章を持たない2楽章形式で、古典派の協奏曲としては極めて異例である。一般的な急-緩-急の3楽章形式を意図して着手されたが、中間楽章が作曲されずに終わったのだろうと考えられている。第1楽章は、小学校の音楽鑑賞材料や『いきなり!黄金伝説。』のBGMとしても使われており、有名である。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

リーツ/演奏会用小品

<フェルディナント・リース>
ドイツのボン出身の作曲家。ベートーヴェンの弟子であり、師の回想録を出版した。主な作品には8つの交響曲、ヴァイオリン協奏曲、9つのピアノ協奏曲、室内楽曲などがある。一部は録音されており、古典派と初期ロマン派の間の様式を示している。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第44公演

日時9月8日(水曜)(開場13:30)14:00〜
場所本願寺津村別院(北御堂) map map-22
演奏者ヴァイオリン:三瀬麻起子 チェロ:近藤浩志 ピアノ:仲香織 クラリネット:ブルックス・トーン ファゴット:宇賀神広宣 トランペット:秋月孝之
演奏曲マルティヌー/調理場のレビュー

マルティヌー/調理場のレビュー

<ボフスラフ・マルティヌー>
チェコの作曲家。大変多作な作曲家で6曲の交響曲始め、様々な楽器のための30曲近くもの協奏曲、11作のオペラをはじめ、あらゆる分野で作曲を行った。
創作は、自己の作風を模索するように様々な実験的書法を試た1930年代までの第1期、ほぼ1940年代と一致するアメリカ滞在時期が第2期で、彼の創作活動の頂点にあたる。そして、ヨーロッパに戻ってからが第3期で、新古典的あるいは新印象主義的とも言われる作風で形式の枠にとらわれない自由な作品を創作した。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第45公演

日時9月8日(水曜)(開場14:30)15:00〜
場所オカムラ大阪ショールーム map map-26
演奏者ヴァイオリン:佐久間聡一 チェロ:織田啓嗣
演奏曲ヘンデル/ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ 第4番

ヘンデル/ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ 第4番

<ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル>
ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家のひとり。
バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮した。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第46公演

日時9月8日(水曜)(開場15:30)16:00〜
場所ザ・フェニックスホール map map-04
演奏者ヴァイオリン:鈴木玲子 ヴィオラ:松本浩子 チェロ:庄司拓 コントラバス:林俊武 ピアノ:加藤あや子
演奏曲シューベルト/ピアノ五重奏曲 イ長調 D667
備考<有料>
全席指定 500円
電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:111-893)
ローソンチケット0570-000-407(Lコード:53186)
ザ・フェニックスホールチケットセンター06-6363-7999
※8月31日(火)以降は大阪フィル050-5810-0923までお問い合わせください。

シューベルト/ピアノ五重奏曲 イ長調

この曲はシューベルトが22歳、まだ若々しく希望と幸福にあふれていた時期の名作として知られる。なおこれ以降には、シューベルトはピアノ五重奏曲を作曲していない。
第4楽章が歌曲『鱒』D550 (5つの版のうちの第3稿と考えられている)の旋律による変奏曲であるために、『鱒』(ます、独:Die Forelle)という副題が付いた。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第47公演

日時9月8日(水曜)(開場16:00)16:30〜
場所相愛学園本町講堂 map map-24
演奏者クラリネット:田本摂理 チェロ:松隈千代恵 ピアノ:水垣直子
演奏曲ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調 Op.11「街の歌」
ツェムリンスキー/クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲 ニ短調 Op.3

ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調 Op.11「街の歌」

ベートーベンの初期に位置づけられ、当時人気の高かったことから木管楽器を扱った一連の作品のひとつ。変ロ長調で作曲されており、(当時まだベーム式の恩恵を受けていなかった)B管クラリネットでの演奏に適している。トゥン伯爵夫人マリア(en:Maria Wilhelmine Thun)へ献呈されている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ツェムリンスキー/クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲 ニ短調

<アレクサンダー・ツェムリンスキー>
オーストリアの作曲家・指揮者・音楽教師。友人であるシェーンベルクとは対照的に、ツェムリンスキーは決して無調音楽を作曲せず、12音技法も用いなかった。その一方、近代フランス音楽の影響により、1910年代から旋法性、1920年代から多調性・複旋法性を導入しており、晩年に向かうに連れて、調性感の稀薄な傾向が顕著となっている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第48公演

日時9月8日(水曜)(開場17:00)17:30〜
場所中之島ダイビル1F map map-08
演奏者ファゴット:宇賀神広宣、久住雅人、熊谷将弘、中原正行 パーカッション:堀内吉昌
演奏曲シューマン/トロイメライ
ショパン/子犬のワルツ
ほか

シューマン/トロイメライ

作者のピアノ曲中もっとも有名。各種楽器用に編曲も幅広い。中声部に複雑な和声進行をすることで幻想的な音響を形成するのは作者の常であるが、曲想と一致していて最も効果をあげた作品。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ショパン/子犬のワルツ

フレデリック・ショパンが作曲したピアノのためワルツである。デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられた。
小犬が自分の尻尾を追い掛け回している情景にヒントを得て作曲したものだといわれている。この曲は英語では「1分間ワルツ」(Minute Waltz)という愛称でも親しまれている。なお中盤の高く短い音は小犬がつけた鈴の音といわれている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第49公演

日時9月8日(水曜)(開場18:30)19:00〜
場所大阪市役所正面玄関ホール map map-12
タイトルヴィオラアンサンブル
演奏者ヴィオラ:吉田陽子、岩井英樹、飛田千寿子、山本知資、五十嵐美果、坂口雅秀、中島悦子、小田拓也、森亜紀子、根来隆臣
演奏曲ドヴォルザーク/バガテルより
リスト/ハンガリー狂詩曲 第2番(ヴィオラ5重奏版)
USA for AFRICA/We are the world
ほか

ドヴォルザーク/バガテル

<アントニン・ドヴォルザーク>
チェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家というにとどまらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。
ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。ベドルジハ・スメタナとともにボヘミア楽派と呼ばれる。その後、アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

リスト/ハンガリー狂詩曲 第2番

ハンガリー狂詩曲はフランツ・リストがピアノ独奏のために書いた作品集。第2番嬰ハ短調はこの曲集のなかでもかなりよく知られている。米国では度々アニメなどに用いられており、トムとジェリーが代表的である(ディズニー映画にも例がある)。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第50公演

日時9月8日(水曜)(開場19:00)20:00〜
場所ザ・シンフォニーホール map map-02
タイトルPiano Spectacular - Almost Mozart
演奏者指揮・ピアノ:大植英次 ピアノ:未定 ヴァイオリン:神﨑悠実 チェロ:近藤浩志 ヴァイオリン:長原幸太、山本彰、力武千幸、鈴木玲子、今城朋子、三瀬麻起子、松川朋子、長尾正、佐久間聡一、橋本安弘、近藤緑、市野桂子、小林亜希子、高木美恵子 ヴィオラ:小野眞優美、周平、川元靖子、橋爪郁子 チェロ:田中賢治、石田聖子、織田啓嗣 コントラバス:石井博和、松村洋介 オーボエ:浅川和宏、大森悠 ホルン:藤原雄一、山本秀樹
演奏曲モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
サン=サーンス/組曲「動物の謝肉祭」より“白鳥”
モーツァルト/3台のピアノのための協奏曲 ヘ長調 K.242
ほか
備考<有料>
全席指定 A席1,500円 B席1,000円 C席500円
電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:111-893)
ローソンチケット0570-000-407(Lコード:53186)
ABCチケットセンター 06-6453-6000
※8月31日(火)以降は大阪フィル050-5810-0923までお問い合わせください。

モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 第28番

イ短調のピアノソナタ(第8番)と同じ1778年頃の作品。
母アンナがパリで客死した時期のもので、明るい曲想の多い作曲者の作品の中では、数少ない短調の劇的なもの。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

サン=サーンス/組曲「動物の謝肉祭」

フランスの作曲家、カミーユ・サン=サーンスによる組曲。全部で14曲から成る。多くの楽曲をパロディにして、時折それらを風刺していることなどから、生前この曲が一般公開される機会はなかった。
現在では、プロコフィエフの『ピーターと狼』やブリテンの『青少年のための管弦楽入門』と並ぶ、子供向け管弦楽曲の代表的作品としても人気がある。室内楽編成で演奏されることも多い。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

モーツァルト/3台のピアノのための協奏曲 ヘ長調

1776年の2月にザルツブルクで作曲され、同地の名門貴族ロドロン家の伯爵夫人アントニーナとその令嬢アロイジアとジュゼッパのために作曲されたものである。独奏ピアノのパートは、彼女らの演奏能力に合わせて書かれており、第1、第2パートはアントニーナ、またはアロイジアが演奏するものと想定され、2つのパートはそれなりの技巧を必要とするが、第3パートは簡素で比較的易しく書かれている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

osakaclassic.com All Rights Reserved.