大阪クラシック“非公式”情報サイト

9月5日(日曜)(第1公演〜第15公演)

第1公演

日時9月5日(日曜)(開場10:15)11:00〜
場所三菱東京UFJ銀行大阪東銀ビル map map-16
演奏者指揮:大植英次 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーと 相愛大学オーケストラ
演奏曲ワーグナー/歌劇「ローエングリン」より第3幕への前奏曲
ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
ほか
備考<要整理券>
当日8:30より大阪市役所正面玄関前で入場券(座席指定券600枚・ブロック指定立見券200枚)を配布します。お席・ブロックはお選びいただけません。お1人様1枚まで。列での待ち合わせは、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮願います。

ワーグナー/歌劇「ローエングリン」より第3幕への前奏曲

壮麗で演奏効果の高いこの曲は、『ヴァルキューレの騎行』などとともにワーグナーの代表的なオーケストラ・ピースとして独立してよく演奏される。またこの曲も吹奏楽編曲による演奏がよく行われる。演奏会用の場合、原曲の最後に「禁問の動機」が付け加えて奏されることも多く、あるいは『婚礼の合唱』が続けられることもある。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲

ワーグナーの楽曲のなかでもよく親しまれ、演奏会で採り上げられる機会が多いだけでなく、祝祭的なイメージから、式典(大学の入学式など)での演奏機会も多い。冒頭はハ長調の堂々たる開始、終わりは直接教会のコラールにつながっている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第2公演

日時9月5日(日曜)(開場11:30)12:00〜
場所大阪市役所正面玄関ホール map map-12
タイトル6歳までのこどものためのコンサート
演奏者ファゴット:久住雅人 MC:久住さより メゾ・ソプラノ:中原由美子 ヴァイオリン:橋本安弘、橋本光弘 ヴィオラ:西内泉 コントラバス:石井博和 トランペット:秋月孝之、橋爪伴之、松原健二 トロンボーン:磯貝富治男 ピアノ:堀江美穂子
演奏曲クラリネットこわしちゃった、トランペット吹きの休日
ほか

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第3公演

日時9月5日(日曜)(開場11:45)12:15〜
場所スターバックスコーヒー 淀屋橋odona店B1F map map-17a
演奏者フルート:井上登紀 ヴァイオリン:高木美恵子
演奏曲テレマン/6つのソナタ より
ほか

テレマン/6つのソナタ

<ゲオルク・フィリップ・テレマン>
後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家である。生前は同時代の作曲家であったバッハやヘンデルより、人気と名声のあった作曲家とされる。彼の作品は優に4000曲を超え、ベーレンライター社から作品集が出版されているが同時期に始まった新バッハ全集がとっくに終わり、今は補遺版の刊行が行われているのに比べて、いまだに整理がしきれていない。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第4公演

日時9月5日(日曜)(開場12:30)13:00〜
場所大阪市中央公会堂中集会室 map map-13
演奏者チェロ:近藤浩志 ピアノ:中井由貴子
演奏曲ショパン/チェロ・ソナタ ト短調 Op.65
ほか
備考<有料>
全席自由 500円
電子チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:111-893)
ローソンチケット0570-000-407(Lコード:53186)
※8月31日(火)以降は大阪フィル050-5810-0923までお問い合わせください。

ショパン/チェロ・ソナタ ト短調

フレデリック・ショパンが1846年に完成した、チェロとピアノのための室内楽曲である。ピアノとチェロ両方にきわめて高い技術が求められる上、主題労作や対位法などの技法が多用され、2つの楽器が協奏しながら融合するという形をとる。やや晦渋な作風となるショパン後期の作品のなかでも音楽的に難解な部類に入る。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第5公演

日時9月5日(日曜)(開場13:00)13:30〜
場所三菱東京UFJ銀行大阪東銀ビル map map-16
タイトルQuartet for Baby 0歳児からのクラシック
演奏者ヴァイオリン:鈴木玲子、今城朋子 ヴィオラ:吉田陽子 チェロ:石田聖子
演奏曲ドラえもん、崖の上のポニョ
ほか

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第6公演

日時9月5日(日曜)(開場13:30)14:00〜
場所カフェ・ド・ラ・ペ map map-28
演奏者ヴィオラ:岩井英樹 ピアノ:浅川晶子
演奏曲フランク・ブリッジ作品集
シューマン/アダージョとアレグロ
ほか
備考<入場制限あり>
※本公演は、大阪市内の障害児施設の子どもたちを招待する専用公演となっております。

フランク・ブリッジ作品集

<フランク・ブリッジ>
イギリスの作曲家・弦楽奏者・指揮者。ホルストやヴォーン・ウィリアムズらによる民謡に依拠した作風が20世紀初頭のイギリス楽壇の主流となる中にあって、同時代のヨーロッパ大陸のさまざまな新音楽(フランス印象主義、ロシア象徴主義、ドイツ表現主義)に触発されつつ、独自の前衛音楽を貫いた。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

シューマン/アダージョとアレグロ

ロベルト・シューマンが1849年に作曲した室内楽曲である。題名の通りアダージョ部分とアレグロ部分とからなる。ただしアレグロ部分は三部形式からなり、中間のテンポが緩む部分でアダージョの旋律が回想される。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第7公演

日時9月5日(日曜)(開場14:00)14:30〜
場所相愛学園本町講堂 map map-24
演奏者ヴァイオリン:田中美奈 ピアノ:田中麻貴
演奏曲プロコフィエフ/ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ短調 Op.80

プロコフィエフ/ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ短調

プロコフィエフの数ある作品の中でも、最も憂鬱で情熱的な作品である。両端楽章の結びに聞こえるヴァイオリンの滑り落ちるような音階を、プロコフィエフは「墓場を抜ける風」と呼んだ。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第8公演

日時9月5日(日曜)(開場14:30)15:00〜
場所大阪市役所正面玄関ホール map map-12
演奏者ヴァイオリン:力武千幸 ピアノ:藤井快哉
演奏曲ダンブロジア/カンツォネッタ
ほか

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第9公演

日時9月5日(日曜)(開場15:30)16:00〜
場所三菱東京UFJ銀行大阪東銀ビル map map-16
演奏者フルート:井上登紀 ヴィオラ:吉田陽子 ハープ:今尾淑代
演奏曲ドビュッシー/フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ

ドビュッシー/フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ

ドビュッシーが作曲した室内楽曲の傑作と評価されているソナタ。静寂性の中にフルート、ハープという透明感のある楽器の美しさを際立たせている。ヴィオラの肉感的な響きが、これらによる音楽が淡白さに陥いることを防いでいる。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第10公演

日時9月5日(日曜)(開場16:00)16:30〜
場所相愛学園本町講堂 map map-24
演奏者ヴァイオリン:今城朋子 チェロ:石田聖子 ピアノ:林直美
演奏曲ショパン/ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8

ショパン/ピアノ三重奏曲 ト短調

フレデリック・ショパンが1828年に作曲した唯一のピアノ三重奏曲。ショパンの室内楽曲はいずれもチェロに重みが置かれているが、この作品はワルシャワ時代の少年期にチェロの名手であったアントニ・ヘンリク・ラジヴィウ公のために書かれ、献呈された。現在では演奏機会は稀であるが、初期ロマン派らしい重厚な作風に仕上がっている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第11公演

日時9月5日(日曜)(開場17:00)17:30〜
場所大阪市役所正面玄関ホール map map-12
演奏者サクソフォン:田村真寛 ピアノ:原田愛
演奏曲パッヘルベル/カノン
ボルヌ/カルメン・ファンタジー

パッヘルベル/カノン

ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第1曲。この曲は、パッヘルベルのカノンの名で広く親しまれており、パッヘルベルの作品のなかで最も有名な、そして一般に知られている唯一の作品である。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ボルヌ/カルメン・ファンタジー

<フランソワ・ボルヌ>

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第12公演

日時9月5日(日曜)(開場17:30)18:00〜
場所京阪神不動産 御堂筋ビル1F map map-21
演奏者ヴィオラ:吉田陽子 チェロ:庄司拓 トロンボーン:ロイド・タカモト
演奏曲パーシケッティ/セレナーデ第6番
ほか

パーシケッティ/セレナーデ第6番

<ヴィンセント・パーシケッティ>
アメリカ合衆国の作曲家、ピアニスト、指揮者。9曲の交響曲、25曲の『パラブル』と題された様々な器楽作品をはじめ、管弦楽曲、吹奏楽曲、室内楽曲など、様々なジャンルに数多くの作品を残した。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第13公演

日時9月5日(日曜)(開場18:00)18:30〜
場所カフェ・ド・ラ・ペ map map-28
演奏者ヴァイオリン:中西朋子 ホルン:池田重一 ピアノ:岡純子
演奏曲ブラームス/ホルン三重奏曲 変ホ長調 Op.40

ブラームス/ホルン三重奏曲 変ホ長調

ヨハネス・ブラームスが作曲した室内楽曲で、ホルン、ピアノ、ヴァイオリンのための三重奏曲である。アダージョ・メストの第3楽章は、同年の2月2日に76歳で世を去った母を追悼する気持ちを込めて書き上げている。また第3楽章の主題には、ドイツの古いコラール『愛する神の導きにまかすもの』が用いられ、より重厚な対位法で書かれているが、これは母の死に直接関係していることが窺われる。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第14公演

日時9月5日(日曜)(開場18:30)19:00〜
場所相愛学園本町講堂 map map-24
演奏者トランペット:秋月孝之 パーカッション:堀内吉昌
演奏曲大前 哲/Double - Talk Vol.36 for Trumpet and Percussion
ほか

大前哲/Double - Talk Vol.36 for Trumpet and Percussion

<大前哲>
日本の現代音楽の作曲家。相愛大学音楽学部教授。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

第15公演

日時9月5日(日曜)(開場19:00)19:30〜
場所大阪市役所正面玄関ホール map map-12
演奏者クラリネット:金井信之 ホルン:村上哲 ヴァイオリン:今城朋子、松川朋子 ヴィオラ:岩井英樹 チェロ:松隈千代恵
演奏曲アイアランド/6重奏曲

アイアランド/6重奏曲

<ジョン・アイアランド>
イギリスの作曲家。自由な形式による性格的小品を好み、唯一のピアノ協奏曲を除けば、交響曲や歌劇のような大作は手懸けなかった。いくつかの室内楽曲や、かなりの数のピアノ曲がある。とりわけピアノ曲「聖なる少年 The Holy Boy 」は、さまざまな編曲版を通じて最も有名なアイアランド作品となっている。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

この公演情報(地図付き)を印刷する前のページに戻る

ページのトップに戻る

osakaclassic.com All Rights Reserved.